パソコンの生体認証にもリスクはある?

生体認証はパソコンのセキュリティ対策として効果的ですが、リスクもありますので知っておきましょう。

成長や老化によって認証されなくなると再登録が必要になりますし、病気や怪我などで体のパーツが失われた場合も認証が使えなくなるのです。

また、精度が必ずしも信用できるわけではないため、メガネや化粧で認証されなかったり、一卵性双生児が使うと誤認証になる事が考えられますよ。

個人情報が流出してしまうと、生体認証が悪用される可能性がありますし、生体認証のデータを情報として預けるのは信用できないと感じる人もいるかもしれません。

生体認証は自らの体で認証するため変更が難しく、流出してしまったら別の認証に変更するなどの対策が必要になるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA