パソコン利用で気をつけるべきVDT症候群とは?

パソコンを使用していて目が疲れたという経験がある方は多いかもしれませんが、VDT症候群には注意が必要ですよ。

VDT症候群とはビジュアルディスプレイターミナルの略称であり、パソコンのディスプレイを長時間見続けて目を酷使する事によって生じるのです。

VDT症候群の症状は目に表れ、眼精疲労や目の痛み、目の霞やドライアイ、視力の低下などの症状が出る事がありますよ。

さらに、目の症状から首や肩にまで影響が出るだけでなく、精神的にもストレスを感じる事が考えられるのです。

VDT症候群を予防するためには、ディスプレイを長時間見ないで目を休ませるための休憩時間を作ったり、ディスプレイの明るさを暗めに設定したり、ブルーライトカットのメガネを活用するのもオススメですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA