パソコン利用で注意するべき水飲み場型攻撃って何?

日々パソコンに様々な攻撃が行われていますが、その中でも水飲み場型攻撃は標的型攻撃に分類され、特定の企業や個人を狙って攻撃する手口です。

水を飲みに来る動物を待ち伏せする姿に似ているため、この名称が付けられたのです。

攻撃対象が普段どんなウェブサイトを閲覧するのか調査した上で攻撃を仕掛けられるという特徴があり、特に脆弱性の高いウェブサイトにウイルスを仕込まれやすく、ウェブサイトを改竄して閲覧したユーザーのパソコンを自動的にウイルスに感染させるのです。

IPアドレスで判別して攻撃を仕掛けるとの事ですから、ターゲット以外がアクセスしても特に何も起こらないと言われていますが、注意が必要だと言えるでしょう。

攻撃を受けたパソコンは、遠隔操作されて個人情報や機密情報を盗み出されたり、サイバー犯罪の踏み台にされるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA